2016年5月3日

横浜FC 2016年シーズン第11節ファジアーノ岡山戦0対2 完敗

1ドリンク付きチケットに釣られて今季度目の横浜FCの応援へ。
会場はいつもの三ツ沢スタジアムではなく新横浜の日産スタジアム。

 日産スタジアムの収容人数は7万人を超えるのに対して、 来場者は5500人(正確には5,561人でした)なので、メインスタジアムはこんな感じでした。
日産スタジアムは、新横浜駅から歩けるので、岡山サポーターのかたが新幹線で駆けつけるにはいい立地なのかもしれません。


マッチデープログラムに田所選手


今期から横浜FCに移籍してきた田所選手は、前節までファジアーノ岡山の選手だったからか、 今回のマッチデープログラムの表紙を飾っていました。

田所選手のおかげで横浜FCのディフェンスはかなりよくなったので、本日も期待!

試合展開 「前半はいいけど、後半は相手の変化に対応できず」

試合の前半は、両チームともに固く守り 目立ったチャンスのない展開でした。
しかし後半に入ると岡山のボールがよく回るようになってきました。

特に、岡山の左サイドで攻撃の起点になっていたFW三村選手が交代したあとの変化を警戒したのですが…。
中央からの攻撃が増えたのに対して、横浜のDFが対応できず、 先制点を奪われました。
さらに試合終了直前に追加点を奪われ、ゲームは決しました。

試合の前半はいいのに、後半に相手が攻め方を変えてきて、崩れるというパターンが最近多いようです。

六戦無敗の意味

横浜FCはこの試合まで【六戦無敗】を誇っていました。
でも、六連勝ではありません。
勝てなかった試合から、勝てなかった意味を探って、今後に活かして欲しいです。
次のホームは、強豪セレッソ大阪ですから!

参考(横浜FCサポーターブログ)

0 件のコメント: